スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遍路日記ー番外編

テレビで見て、一度は行ってみたかった三佛寺の国宝「投入堂」への一人旅

大山パーキングエリア


投入堂は温泉で有名な鳥取県三朝町にあり、断崖絶壁にある岩窟に投入れたという言い伝えが残っている。


投入堂までの参道は、昔の修験者の修行の道だといわれ、木の根や岩をよじ登る個所もある


IMG_0119.jpg


山門の受付で登山に適した靴であるかのチェックを受け、入山しようとすると止められる


「滑落事故防止のため、お一人での入山はできません。」とのこと


体力には自信があり、登山には慣れていることを伝えるが、入山させてくれない。


しかたがないので、他の登山客が来るのを待つ。


すると、来た!若いカップルだ!


どう考えても邪魔な存在だが、同行させてくれるようにお願いする


彼女の方が、快く一緒に登りましょうと言ってくれ、ほっとする


彼氏、本当にゴメン!


投入堂までの参拝登山は、鎖を伝って登らないといけないほどの勾配もある。


まるで、遍路転がしのようだ。11月だというのに、Tシャツ1枚になる


IMG_0090.jpg


途中の文殊堂も、高い位置に建っており、下を除くと吸い込まれそうだ。


久しぶりに高所恐怖症であることを思い出した


約1時間で投入堂に到着。

IMG_0091.jpg


途中のお堂



まるで、断崖絶壁に浮いているようだ


堂を支えている柱が、今にも滑り落ちそうだが、微妙なバランスで建っているようにも浮いているようにも見える


長年の夢を果たし感慨深い!


しばらく眺めていたが、Tシャツ一枚なのに汗をかいて体が冷えてきた


帰りには、湯原温泉の混浴の露天風呂に浸かって温まって帰ろう!


湯原温泉

IMG_0123.jpg

IMG_0069.jpg
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。